当社のコアビジネス


アセンダス・シンブリッジ・グループは、持続可能な都市ソリューションを提供し、管理資産2百億シンガポールドルを超えるアジアのリーディング・プロバイダーです。テマセク・ホールディングスとジュロンタウン公社が51対49の比率で共同所有し、タウンシップや総合開発、ビジネスパーク・工業団地をはじめとする都市化プロジェクトに携わっています。シンガポールを拠点とし、現在オーストラリア、中国、インド、インドネシア、シンガポール、韓国を含むアジア9カ国28都市に進出しています。 

アセンダス-シンブリッジはファンド事業に注力しており、アセンダス傘下に3本のシンガポール上場信託を運用しています。アセンダス不動産投資信託(A-REIT)、アセンダス・インド不動産信託(a-iTrust)、アセンダス・ホスピタリティ信託(A-HTRUST) これら3本の上場信託に加え、アジア地域で商業・産業物件を組み込んでいる私募ファンドを運用しています。


当社のビジョン

経済改革を促し暮らしを経済の変革を促し、暮らしを豊かにする持続可能な都市開発をリードします。

当社のミッション

シンガポールでの国際的経験を活かして大規模な都市化プロジェクトに着手し、人々の優れた力を引き出す総合ビジネス環境を創出します。