注目のプロジェクト

Ascent

アセント

2016年上半期に完成予定のアセントは、シンガポール・サイエンスパークIのカラーを塗り替える象徴的な開発と ...

Ascendas Innovation Hub

アセンダス・イノベーション・ハブ

西安ハイテクゾーンの中心地にあり、西安ソフトウェアパークに近接しています。ハイテク・研究開発業務を行 ...

チャンギ・ビジネスパーク

1997年に設立されたチャンギ・ビジネスパーク(CBP)は、大手テクノロジー企業やITサービス企業、金融サービス ...

アセンダス・シンブリッジ・グループについて


アセンダス・シンブリッジ・グループは、2百億シンガポールドルを超える運用資産を保有し、持続可能な都市空間およびビジネス空間ソリューションを提供するアジアにおける代表的なプロバイダーです。

テマセク・ホールディングスとジュロンタウン公社が5149の比率で共同所有し、タウンシップや多目的な総合開発、ビジネスパークや工業団地をはじめとする都市化プロジェクトに携わっています。シンガポールに本社を置き、現在オーストラリア、中国、インド、インドネシア、シンガポール、韓国を含むアジア9カ国の28都市に進出しています。

アセンダス・シンブリッジは、アジア太平洋地域において、商業、ホスピタリティ、および工業用の資産を保有しています。また、ファンド事業にも注力しており、アセンダス傘下に3本のシンガポール上場ファンド、すなわち、アセンダス不動産投資信託(ストレーツ・タイムス指数の構成銘柄)、アセンダス・インド不動産信託、アセンダス・ホスピタリティ信託を運用しています。これらの上場ファンドに加え、一連の私募不動産ファンドを運用しています