a-iTrust


アセンダス・インド不動産信託(「a-iTrust」または「Trust」)は、アジア初のインド不動産信託として20078月に上場しました。第一の目的は、インドで主に事業スペースとして利用されている高収益な不動産を保有することです。完成後の所有を目指し、主にビジネススペースとしての利用が見込まれる土地や未開拓の造成地を開発、取得することもあります。このポートフォリオは、インドにある世界レベルのITビジネス・パーク7か所と稼働中の6棟の倉庫で構成されています。つまり、インターナショナル・テックパーク・バンガロール、インターナショナル・テックパーク・チェンナイ、同じくチェンナイのサイバーベール、ハイデラバードにあるサイバーパール、The V、アヴァンス・ビジネスハブ、プネのブルーリッジ2、そしてムンバイ近郊にあるアルシア社の倉庫群です。事業信託であるa-iTrustは、不動産投資信託と同様に安定した収益分配をもたらします。この信託事業の柱は、既存の不動産の積極的な管理、ポートフォリオの空閑地開発、そして新規不動産の獲得を通じて株主価値を高めることです。a-iTrustの運営は、アセンダス-シンブリッジ・グループの子会社であるアセンダス不動産ファンド・トラスティ株式会社が担っています。

詳しくはこちらをクリックして。